[124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114]


川鍋節雄 歌手生活40周年記念コンサート
ナベのうた
これまで これから


1974年3月、音大卒業と同時にオペラ小劇場こんにゃく座に入座した"ナベ"こと川鍋節雄。以来40年にわたってこんにゃく座のほとんどすべての公演で歌ってきたナベが、林光や萩京子と出会って歌ってきた数々の〈オペラ〉や〈ソング〉、そして萩京子の新作を吉村安見子のピアノでうたう。聴こえてくるのはナベの美声がよびさます懐かしい時代の響きと歌の喜び。川鍋節雄歌手生活40年の〈これまで〉と〈これから〉をたっぷり楽しむことができるだろう。(音楽評論家・小村公次)

●演奏曲目
萩京子新作初演
林光・萩京子ソング集
〈ナベのうた〉名曲集
こんにゃく座オペラ名場面集 他

うた:川鍋節雄
ピアノ:吉村安見子

ゲスト:梅村博美 岡原真弓 井村タカオ
      (オペラシアターこんにゃく座)
      河野照
舞台監督:久寿田義晴
照明:関根一郎
制作:川鍋節雄 小村公次 姫田蘭

2014年7月23日(水)
19:00開演(開場18:30)

古賀政男音楽博物館 けやきホール
東京都渋谷区上原3-6-12
(小田急、東京メトロ千代田線「代々木上原」駅下車徒歩5分)

4,000円(全席自由・要予約)

●チケットお申込み(電話予約)
オペラシアターこんにゃく座
〒214-0021 神奈川県川崎市多摩区宿河原7-14-1
℡:044-930-1720

●お問い合わせ 川鍋 ℡:0471-25-7248
Email:riverpot505@gmail.com

●出演者プロフィール

川鍋節雄
1950年、千葉県野田市生まれ。1974年3月に東邦音楽大学を卒業すると同時にオペラ小劇場こんにゃく座(現・オペラシアターこんにゃく座)に入座。1975年11月に林光のオペラ『あまんじゃくとうりこひめ』で"じっさ"を演じたのが本公演の初舞台。以来40年にわたって同座の学校公演や本公演でさまざまな役を歌い演じる。おもな出演作は林光のオペラ『セロ弾きのゴーシュ』"野ネズミのおっかさん"、『森は生きている』"博士"、『変身』"父"、『吾輩は猫である』"迷亭"、萩京子のオペラ『ロはロボットのロ』"マニー"、『まげもん-MAGAIMON』"菊池文吾"など。オペラだけではなく、林光や萩京子のソング、ムソルグスキーや間宮芳生、福島雄次郎などの歌曲、さらには民謡から三橋美智也にお唄までも歌い続けてきた。生来の美声とよく通る豊かな響きの声は、懐かしい時代の記憶をよびさまし、歌の喜びにあふれている。川鍋節雄の歌は〈これから〉も続く。

吉村安見子
国立音楽大学理楽科を中途で辞め、ピアニスト、歌手としてコンサート活動を開始。モーツァルトからブレヒト・ソングまで幅広いレパートリーで臨場感あふれる演奏を展開。ソロ活動のほか、東京演劇アンサンブル、黒テント、オペラシアターこんにゃく座、各地のさまざまな劇団の公演で、舞台と役者をしっかり支え、豊かな音楽を創りだすピアニストとしても活躍。近年は林光に委嘱した宮澤賢治の「どんぐりと山猫」「おきなぐさ」を"ひとり弾き語りによる公演"として各地で演奏し、好評を得る。CDに『花かざれ~林光自演ソング』(ADS-001)など。現在、劇団俳優座演劇研究所のソング講師をつとめるほか、さまざまな劇団で歌唱指導にもあたる。
最新コメント
[07/02 路都]
[06/29 NONAME]
[01/05 哲ファン]
[11/21 みかぼ]
[06/18 ママ]
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © こんにゃく座 News! All Rights Reserved
/