[114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104]


歌の綴り2-髙野うるお 朗読とソング

朗読と歌 髙野うるお
ピアノ 湯田亜希

2013年12月20日(金)
19:00開演(18:30開場)
くにたち市民芸術小ホール 内 スタジオ
3,000円 全席自由



原題を訳すと「心理学者。強制収容所を体験する」。日本では「夜と霧」というタイトルが付けられているこの本に私は出会いました。ヴィクトール・フランクルという精神科医、心理学者が、ただユダヤ人だという理由だけでナチスにより捕らえられ強制収容所に送られた体験を綴ったものです。

強制収容所の話と聞けば、何か恐ろしい地獄絵図が語られていると思いがちですが、この本にはそのような光景は描かれていません、ここには「ごく普通の被収容者たち」の魂に、強制収容所がどのように映ったかが問われているのです。

読み進んで行くうち、この本とは関係のないところで生まれたはずのソング(歌曲など)たちの中に、全く同じというわけではないけれど、同じようなことを言っているものがある。と、感じたのです。そして、これは無謀なことかもしれないと思いながらも、「この本の朗読と歌を結びつけて、一晩のコンサートにしてみようか」と思いついたのです。

お問い合わせ/チケットお申込み
utanotuzuri@takanouruo.com
最新コメント
[07/02 路都]
[06/29 NONAME]
[01/05 哲ファン]
[11/21 みかぼ]
[06/18 ママ]
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © こんにゃく座 News! All Rights Reserved
/